施工例

社寺庭園

  1. HOME
  2.  >施工例
  3.  >社寺庭園
※写真はクリックで拡大します。

教誓寺(南部邸)前庭改修工事

CIMG5410Before

CIMG6118After

既存のサザンカとモチを残し、竹垣の端に実生より生長してきたクロマツを他の場所に移植し、既存のウメモドキの株立を立鉢の鉢受けとして植付け、水鉢と色合いのよい役石を新規搬入し、縁先手水鉢組みとしました。飛石は既存の御影の丸い飛石が3個あったので、同じ御影の飛石と疋田石の大振りな飛石を加え、少し明るいモダンな飛石を打って作庭しました。前の庭に使用してあった人口袖垣やシオリ戸もそのまま活用し、金閣寺垣(H=600)を庭の両側に施工しました。

  • CIMG5429
  • CIMG6124
  • CIMG6123
  • CIMG6125
  • CIMG6122
  • CIMG6121

実成坊“七福の庭”Ⅰ

実成坊“七福の庭”Ⅰ ビフォーBefore

実成坊“七福の庭”Ⅰ アフターAfter

既存の庭には元々鶴島や亀島を表現したらしい枯山水の庭が存在しました。また、近年鯉を飼う為のコンクリート打ちの水深のある池ができました。池の北端に比叡山無動寺から勧請された弁財天が安置されており、お参りの方々が庭園を訪れておられます。            この坂本の地は数多くの里坊庭園が存在しますが、そのほとんどの庭園の景石はこの地域から産出した花崗岩を使用しており、実成坊の庭についても池の周囲の一部の既存石以外は里坊と同様の花崗岩を活用しました。作庭にあたっては、いくつかの問題点を解消しなければなりませんでした。まず、その第一は弁財天にお参りする通路は池と軒打の間の狭い所を通らなければならない事や池が鯉を飼うのが目的であった為、水深が1.2mと深いこと、また、池庭として立上がりコンクリート打の内側に景石が修景的に組むことが難しいということがありました。弁財天にお参りする通路は大振りな飛び石を目地をあまり取らずに打ったり、長い延段を造ることで解消し、池の端には以前からあった竹垣と同様の垣で少しでも恐怖感の起こらないように設置、万が一、池に落ちても掴まられるようにと池の中に棒石3本を組んで立てました。通称“お助け石”。池の護岸石については少しでも水面と石との間のコンクリートが見えないように石を迫出したり、一部コンクリートをはつり、石を据え直しました。その他、この庭園づくりを考える時、弁財天をどのように生かすか、三上山の借景、竹林の活用を基に設計に入ることにしました。

  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 1
  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 2
  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 3
  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 4
  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 5
  • 実成坊“七福の庭”Ⅰ 6

実成坊“七福の庭”Ⅱ

実成坊“七福の庭”Ⅱ ビフォーBefore

実成坊“七福の庭”Ⅱ アフターAfter

弁財天につきましては、七福神の一人であり、残りの六人神(恵比寿、大黒、寿老人、布袋、毘沙門、福禄寿)が宝船に乗って大海を渡り弁財天を迎えに行く構図とし、大海には既存の庭にもあった鶴島亀島を設け、この庭園を“七福の庭”と名付けました。七福神に関する庭はインターネットで調べると和歌山城内に紀州徳川藩の藩祖となった徳川頼宣(1602~1671)が1621年(元和7年)に藩の永久の隆盛を祈念して作庭された「七福の庭」が有り、この庭園は宝船に七人全員が乗っておられる構図になっており、実成坊の庭は弁財天以外の六人が乗っておられる為、船首(舳先)の石を1個設けました。この庭園が檀家の人々や弁財天にお参りされる方に語りかけ、そして愛され、長い月日をかけ比叡山麓の四季にとけ込み末永く生き続けることを願っております。

  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 1
  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 2
  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 3
  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 4
  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 5
  • 実成坊“七福の庭”Ⅱ 6

福田寺(北比良) 奥座敷の庭

福田寺(北比良) 奥座敷の庭 ビフォーBefore

福田寺(北比良) 奥座敷の庭 アフターAfter

古くより寺境内の樹木管理をやらせていただいており、平成10年に奥座敷庭園、平成11年には客殿前庭園を改修させていただきました。基本的には既存石、既存樹を再利用し、一部燈籠や砂利、グランドカバー類を加え新しい姿に生まれ変わりました。

  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 1
  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 2
  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 3
  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 4
  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 5
  • 福田寺(北比良) 奥座敷の庭 6

福田寺(北比良) 客殿の庭

福田寺(北比良) 客殿の庭 ビフォーBefore

福田寺(北比良) 客殿の庭 アフターAfter

大きくなりすぎた低木類を整理し、現在の場所で活用できるマツなどの高木類や山燈籠、鉢前はそのまま使い、飛石を打直し、白砂利や地被類、杉苔で地模様に変化をつけ、改庭しました。

  • 福田寺(北比良) 客殿の庭 1
  • 福田寺(北比良) 客殿の庭 2
  • 福田寺(北比良) 客殿の庭 3
  • 福田寺(北比良) 客殿の庭 4
  • 福田寺(北比良) 客殿の庭 5

比叡山延暦寺大講堂

比叡山延暦寺大講堂 ビフォーBefore

比叡山延暦寺大講堂 アフターAfter

大講堂は僧侶が法華経の講義を受けたり学問修業に励む道場。法然、親鸞など各宗派の祖師像が安置されている。大講堂正面の階段を上がった場所(踊場)を石張による改修工事を施工させていただきました。

(天台佛教青年同盟四十周年総本山延暦寺報恩事業)

  • 比叡山延暦寺大講堂 1
  • 比叡山延暦寺大講堂 2
  • 比叡山延暦寺大講堂 3
  • 比叡山延暦寺大講堂 4
  • 比叡山延暦寺大講堂 5
  • 比叡山延暦寺大講堂 6

比叡山延暦寺戒壇院

比叡山延暦寺戒壇院 ビフォーBefore

比叡山延暦寺戒壇院 アフターAfter

戒壇院の現在の建物は1678年(延宝6年)に建造されたので、僧になるために必要な大乗戒を受ける場所であります。階段を登りきった参道の入口を延石で仕切り白砂を敷きました。また、院の裏側もゴロタ石で仕切りました。

(天台佛教青年同盟四十周年総本山延暦寺報恩事業)

  • 比叡山延暦寺戒壇院 1
  • 比叡山延暦寺戒壇院 2
  • 比叡山延暦寺戒壇院 3
  • 比叡山延暦寺戒壇院 4
  • 比叡山延暦寺戒壇院 5
  • 比叡山延暦寺戒壇院 6

日吉大社境内 庖丁塚

日吉大社境内 庖丁塚 ビフォーBefore

日吉大社境内 庖丁塚 アフターAfter

日吉大社境内に立派な石碑にて庖丁塚が再建されました。

  • 日吉大社境内 庖丁塚 1
  • 日吉大社境内 庖丁塚 2
  • 日吉大社境内 庖丁塚 3
  • 日吉大社境内 庖丁塚 
  • 日吉大社境内 庖丁塚 5
  • 日吉大社境内 庖丁塚 6

正楽寺(今津) 中庭

正楽寺(今津) 中庭 ビフォーBefore

正楽寺(今津) 中庭 アフターAfter

本堂横の中庭にはスイリュウの大木が庭の中央にあり、コーナーに縁先手水鉢が組んでありました。このスイリュウと手水鉢石組をそのまま残し、下草及び地被類は全て一度取り除き、新しく大きな景石を1個搬入し、全面杉苔張りとし、バックに人工竹垣(建仁寺垣)を施工しました。 

(後日、お施主様よりお誉めの手紙をいただき、社員一同感激致しました。)

  • 正楽寺(今津) 中庭 1
  • 正楽寺(今津) 中庭 2
  • 正楽寺(今津) 中庭 3
  • 正楽寺(今津) 中庭 4
  • 正楽寺(今津) 中庭 5
  • 正楽寺(今津) 中庭 6
「和」の「心」が通った庭園づくり。吉田造園にお任せください。
  • 0120-79-0561
  • 営業時間

    平日8:00-17:30

  • 休日

    第2土曜日、日曜日、祝日

お見積もり・ご相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。ご相談・無料見積もり受付中!

施工例

造園工事・外構工事の施工エリア

滋賀県

大津市│草津市│守山市│栗東市│野洲市│高島市│湖南市│
近江八幡市│東近江市│
竜王町│愛荘町│甲賀市│甲良町│多賀町│豊郷町│長浜市│
彦根市│日野町│米原市│

京都府

一部地域(京都市など)
※ご相談ください。

  • Home
  • ページの先頭へ
COPYRIGHT©2018 株式会社吉田造園 ALL RIGHTS RESERVED.